建物・外装の総合メンテナンス ケーワンテック株式会社

いますぐ無料見積もり依頼!
0120-748-111
現地調査/無料相談
無料見積もり
how to clean the glass

ガラスクリーニングの基礎知識とスクイジーの使い方とは?窓の汚れを上手に落とそう!

美しい窓ガラスを維持するためにも、定期的なガラスクリーニングは重要ですよね。タオルで拭くだけでは時間もかかり中々綺麗になりません。
ガラスクリーニングの専門業者は「スクイジー」という道具を使用して素早くきれいにしています。
スクイジーは専門業者が使用するものというイメージを持っている方も多いですが、正しい使い方を理解すれば簡単に窓の汚れを落とすことが可能です。
そこで今回はガラスクリーニングの基礎や、スクイジーの正しい使い方について詳しく紹介していきます。

ガラスクリーニングの基礎知識

ガラスクリーニングを行う場合、専門業者が使用するような専用洗剤を使用する必要があるとイメージされることが多いですが、過度な汚れでなければ、水を使用すれば十分に綺麗になります。手垢や油汚れが付着している場合には、中性洗剤を使用すれば綺麗に落とすことができるなど、特別な場合を除いて専用洗剤を使用する必要はありません。
ガラスをタオルで拭いてしまうと、ガラスの表面に付着した汚れを落とすことは出来ますが、タオルの糸や拭き跡が残り美観を保つことは難しいです。
そこで美しい仕上がりにするなら固絞りしたウエスで拭いた直後にマイクロファイバークロスやセーム皮を使用して拭き上げることで、ガラスに拭き跡が残ることなく美しい仕上がりにできます。
狭い範囲のお手入れならばこれらの方法でも十分に可能ですが、広範囲のガラスを清掃する場合はスクイジーとシャンプーセットを準備して正しく使うことで、効率よくきれいにすることが可能です。

シャンプーを利用してガラスの汚れを浮かせる

ガラスクリーニング時に便利なのが、洗剤がついたモップである「シャンプー」です。このシャンプーに洗剤を水で希釈させたものを含ませて、汚れの付着しているガラス面をこすることで汚れを浮かせていきます。

ポイント

・上下左右のサッシ際と四隅を十分にシャンプーで濡らしてからこすること

この部分は特に汚れやすいところであり、シャンプーの後に使用するスクイジーの使いにくい場所でもあるので丁寧に行うことが重要です。
また、ガラスにタバコのヤニなど汚れが固着してしまっている場合は、手に摩擦の抵抗感が伝わってくるので、その箇所はシャンプーでよく擦っておくことが重要です。この工程で汚れが完全に溶解され、汚水となってガラス面に浮いた状態になると、後はスクイジーを使用して汚水を除去するのは非常にスムーズな作業となります。

スクイジーの基本的な使い方

ガラスクリーニングを行う上で欠かせないスクイジーの基本的な使い方は、まず縦引きと横引きの2つの方法が基本となります。
縦引きはスクイジーを上から下に動かすことで汚れを下に落としていく方法です。この方法により洗剤だけではなく汚れを下に落とすことができます。
横引きはスクイジーを右から左、左から右と窓枠と窓枠の間を行き来するようにするやり方で、この方法を行うことで洗剤や汚れが落ちるだけではなく仕上がりも美しくなります。
もし ご家庭などでガラスクリーニングを行う場合は、縦引き・横引きを単体で利用するよりも組み合わせることがおすすめです。たとえば縦引きで汚れを落としても仕上げ具合が良くなかった時は、横引きを組み合わせることで仕上がりが美しくなります。
プロはこの縦引きと横引きをうまく利用し多彩な動かし方をしてきれいに仕上げることが可能です。

スクイジーを使用する場合の注意点

ガラスクリーニングでスクイジーを上手く活用できれば、広範囲を効率よく綺麗にすることができますが、利用する時の注意点もあります。
例えばガラスを拭く場合、スクイジーの金属ブレードの部分が窓ガラスに当たらないように注意しないと、金属部分がガラスを傷つけてしまう原因の一つとなります。
他にはスクイジーを使用すると汚水や洗剤が下に落ちてしまうので、準備や後片付けをしっかり行うことや、汚水が室内に入らないように十分に注意しましょう。清掃をする時の事前準備としては、ガラス下部が濡れないようにするために予めタオルや新聞紙を窓の下に敷いておくと良いでしょう。
またスクイジーは平面のガラスなどには有効な道具ですが、凹凸のあるスリガラスなどに使用する場合は十分に洗剤や水気を落とすことができません。
そのため凹凸のある面を掃除する場合は、濡らしたタオルウエスで拭いた後に乾きウエスで仕上げる方法など、形に関係なく拭くことができる方法も別に準備しておくことをおすすめします。

まとめ

ガラスクリーニングの正しい知識があれば、専門業者に依頼しなくても手軽にきれいな窓を維持することができるようになります。
特にスクイジーの使い方をマスターすることで、従来の拭き掃除よりも広範囲のガラスに拭き跡が残らずピカピカの仕上がりになりますし、スクイジーには柄がついているので拭き掃除よりも手が汚れなくて済むことや労力もかからずおすすめです。
ぜひ一度実践してみてください。

イメージ写真
いますぐ無料見積り依頼!調査から外壁改修工事、ビルメンテナンスまでトータルサポート! いますぐ無料見積り依頼!調査から外壁改修工事、ビルメンテナンスまでトータルサポート!
お電話でのご相談・無料調査依頼(担当:営業部) 0120-748-111 受付時間/9:00〜18:00 定休日/土・日・祝日